イザラ書房
新刊案内

社会問題としての教育問題
書籍一覧
旧サイトへ
ショッピング・カート
カテゴリー
会社情報
最新記事
過去ログ
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


・・・四季の祝祭、魂のかたわらに佇む者、音楽と色彩・・・

社名のIZARAはスペイン、バスク地方の言葉で「星雲」あるいは「銀河」を意味します。

イザラ書房の設立は 1969年に溯ります。

当初は、ブロッホ、アドルノなどのドイツ、フランクフルト学派の哲学書籍等の出版を行なっていました。

1980年代から、オーストリア出身の思想家、ルドルフ・シュタイナー(1861〜1925)が唱道した普遍人智学の翻訳出版を始め、

現在では、出版のほとんどが人智学=アントロポゾフィーに関係するものです。

今後もシュタイナーが訴えたかったテーマを暖かな魂のこもった形で皆様と共有できますことを望んでいます。



会社情報
・イザラ書房紹介
●株式会社 イザラ書房 mail@izara.co.jp


 本社
 〒369-0305
 埼玉県児玉郡上里町神保原569番地
 TEL/0495-33-9216 FAX/047-751-9226

 八千代Branch
 〒276-0036
 千葉県八千代市高津1010-18
 

社名のIZARAはスペイン、バスク地方の言葉で「星雲」あるいは「銀河」を意味します。イザラ書房の設立は1969年に溯ります。当初は、ブロッホ、アドルノなどのドイツ、フランクフルト学派の哲学書籍等の出版を行なっていました。1980年代から、オーストリア出身の思想家、ルドルフ・シュタイナー(1861〜1925)が唱道した普遍人智学の翻訳出版を始め、現在では、出版のほとんどが人智学=アントロポゾフィーに関係するものです。今後もシュタイナーの主要著作を良質な翻訳で世に問うことを第一目標としています。



●ルドルフ・シュタイナーと人智学 


哲学博士。1861年旧オーストリア帝国(現クロアチア)クラルイェベックに生まれる。1925年スイス・ドルナッハにて帰天。ウィーン工科大学で、自然科学・数学・哲学を学ぶ。ゲーテ研究家・著述家・文芸雑誌編集者として、世期末のウィーン、ワイマール、ベルリンで活躍。二十世紀になると、このような一連の活動の成果を踏まえて、「アントロポゾフィー(人智学)によって方向づけられた精神科学」へと足を踏みいれる。スイス・バーゼル市近郊ドルナッハにみずから設計したゲーテアヌムを建設し、普遍アントロポゾフィー(人智学)協会本部普遍アントロポゾフィー(人智学)協会本部とした。

 現在、世界各国でゲーテアヌムと直接つながる邦域協会を中心にさまざまな人智学運動や研究が展開されている。日本における邦域協会は2000年に設立された。現在NPO法人日本アントロポゾフィー協会(東京都新宿区)と、このNPO法人の前理事長を中心に集まったメンバーからなる日本アントロポゾフィー協会(東京都目黒区)の二つの協会が、ゲーテアヌム理事会と連絡をとりつつ存在している。

 アントロポゾフィー(人智学)は、二十世紀以降の人類のために新しい霊的な世界観・人間像への道を開こうとするものである。このような人智学的世界観の基礎になっているのは、ヨーロッパの精神文化、特に哲学的認識とキリスト的なものの体験である。

 現在、シュタイナーの精神科学は、学問領域にとどまらず、さまざまな社会的実践の場で実り豊かな展開を示している。シュタイナー教育(自由ヴァルドルフ学校)・医学・治療教育・薬学・芸術(建築・絵画・オイリュトミー・言語造形)・農学(バイオダイナミック農法)・社会形成(社会有機体三分節化運動)などがその具体例である。

 その広大深遠な世界観は、ブルーノ・ワルター(指揮者)、ミヒャエル・エンデ(作家)、ソール・ベロー(作家)、ヨゼフ・ボイス(彫刻家)、今井兼次(建築家)を始めとする多くの人々に影響を与えた。






(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.  [トップ・ページへもどる]