イザラ書房
新刊案内

北欧の
森のようちえん
書籍一覧
発売中
旧サイトへ
ショッピング・カート
カテゴリー
会社情報
最新記事
過去ログ
カレンダー
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


・・・四季の祝祭、魂のかたわらに佇む者、音楽と色彩・・・

社名のIZARAはスペイン、バスク地方の言葉で「星雲」あるいは「銀河」を意味します。

イザラ書房の設立は 1969年に溯ります。

当初は、ブロッホ、アドルノなどのドイツ、フランクフルト学派の哲学書籍等の出版を行なっていました。

1980年代から、オーストリア出身の思想家、ルドルフ・シュタイナー(1861〜1925)が唱道した普遍人智学の翻訳出版を始め、

現在では、出版のほとんどが人智学=アントロポゾフィーに関係するものです。

今後もシュタイナーが訴えたかったテーマを暖かな魂のこもった形で皆様と共有できますことを望んでいます。



<< ■読者の方からの嬉しいメールをシェアします。 | TOP |
■日本教育新聞に書評を掲載していただきました。


 イザラ書房を引き受けた時に、シュタイナーのジャンルは多岐に渡るので、まずは自分が興味があるジャンルからと思い、芸術、医療、農業・・と考えていて、教育の分野は苦手意識がありました。
 ですが最近は「教育は予防医学」というシュタイナーの考え方がしっくり来るようになりました。きっかけは『社会問題としての教育問題』 を今井重孝先生と一緒につくり上げたことかなぁ。
 自分が生徒だった時、残念ながらナイスな教師には出会えませんでした。(それは私が見る目がなかったのかもしれませんが)
 ですが、こうして社会人となって本を創る仕事について、だんだんと素敵な先生方に出会うようになってきて嬉しいです。
 教育は大事だなぁとつくづく思います。そう思えるような人たちに出会えたのはイザラ書房をやっているお陰だと痛感します。感謝ですね〜

posted by ・イザラ書房紹介 | 16:44 | ■エッセイ・お知らせ | comments(0) | - |
コメント
コメントする












(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.  [トップ・ページへもどる]