イザラ書房
新刊案内

北欧の
森のようちえん
書籍一覧
発売中
旧サイトへ
ショッピング・カート
カテゴリー
会社情報
最新記事
過去ログ
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


・・・四季の祝祭、魂のかたわらに佇む者、音楽と色彩・・・

社名のIZARAはスペイン、バスク地方の言葉で「星雲」あるいは「銀河」を意味します。

イザラ書房の設立は 1969年に溯ります。

当初は、ブロッホ、アドルノなどのドイツ、フランクフルト学派の哲学書籍等の出版を行なっていました。

1980年代から、オーストリア出身の思想家、ルドルフ・シュタイナー(1861〜1925)が唱道した普遍人智学の翻訳出版を始め、

現在では、出版のほとんどが人智学=アントロポゾフィーに関係するものです。

今後もシュタイナーが訴えたかったテーマを暖かな魂のこもった形で皆様と共有できますことを望んでいます。



<< ■紀伊国屋書店3Fとブッククラブ回 | TOP | ■ルドルフ・シュタイナーさんのポスター >>
■谷口広樹画伯のアマビエ

 

 

『美の朝焼けを通って』の表紙画と装丁をお願いした谷口広樹画伯の個展が

神宮のギャラリーハウスMAYAで(〜3/28)開催されています。

 

いつもイザラのデザインを担当してもらっている赤羽さんと一緒に伺い、

会場でアマビヱのお札をいただきました。

コロナ騒動の中、江戸時代後期に出現したアマビヱという幻獣を

谷口先生が護符のようにデザインして、

来場者の方々にプレゼントして下さっているのでした。

 

早速、我が家の玄関に、同じくご利益がありそうな庭の桃の花と一緒に!!

皆さまも、楽しいことをして、沢山笑って、免疫を高め
「ぎゅうぎゅう、むんむん、がやがや」の3条件を避け
手洗い、うがいで乗り切りましょうね。
posted by ・イザラ書房紹介 | 16:41 | ■エッセイ・お知らせ | comments(0) | - |
コメント
コメントする












(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.  [トップ・ページへもどる]