イザラ書房
新刊案内

植物と語る
公然の秘密の扉
書籍一覧
発売中
旧サイトへ
ショッピング・カート
カテゴリー
会社情報
最新記事
過去ログ
カレンダー
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


・・・四季の祝祭、魂のかたわらに佇む者、音楽と色彩・・・

社名のIZARAはスペイン、バスク地方の言葉で「星雲」あるいは「銀河」を意味します。

イザラ書房の設立は 1969年に溯ります。

当初は、ブロッホ、アドルノなどのドイツ、フランクフルト学派の哲学書籍等の出版を行なっていました。

1980年代から、オーストリア出身の思想家、ルドルフ・シュタイナー(1861〜1925)が唱道した普遍人智学の翻訳出版を始め、

現在では、出版のほとんどが人智学=アントロポゾフィーに関係するものです。

今後もシュタイナーが訴えたかったテーマを暖かな魂のこもった形で皆様と共有できますことを望んでいます。



<< ■『植物と語る 公然の秘密の扉』出来ました! | TOP |
■北欧の森のようちえん 園長リッケ・ローセングレン講演会

 

北欧の森のようちえん

自然が子どもを育む

〜デンマーク・シュタイナー幼稚園の実践〜 

 

リッケ・ローセングレン講演会

 

デンマークでシュタイナー幼児教育を長く実践しているリッケ・ローセングレン先生の著作が日本語に翻訳されてイザラ書房より出版されることになりました。

ボンサイ幼稚園では、子どもたちは1日のほとんどを森の中で過ごしており、シュタイナー教育と森のようちえんの理念を共に生かして保育されています。

その中で、先生ご自身が子どもたちの成長を支える自然の力の重要性に気づかれ、この本にまとめられています。

きっと今の日本の子どもたちの生活にも生かせる多くの学びができることと思います。

日本の子どもたちと日々共にいる保育者や教師、そしてお母さんお父さんたちにぜひ聞いていただきたい講演会です。
皆さんのご参加をお待ちしております。

全国の書店での発売(4月下旬)前に会場で著作本を消費税ナシで先行販売します。


内容 :季節のめぐりと子どもの成長
日時 :2020年4月3日(金)開場18:00 

             講演18:30〜20:30
場所 :国立オリンピック記念青少年総合センター
    (センター棟403号室)
参加費:一般3,500円、会員3,000円
   (会員:日本シュタイナー幼児教育協会員
      :森のようちえん全国ネットワーク会員)

主催 :日本シュタイナー幼児教育協会
共催 :株式会社イザラ書房
後援 :デンマーク大使館
   :森のようちえん全国ネットワーク連盟

申込先:日本シュタイナー幼児教育協会事務局
    e-mail: jaswece.jimu@gmail.com
    までお申込ください。
    お名前、会員・一般(会員の場合所属園)

    参加費、緊急連絡先をご明記ください。

   *お申し込み後、入金方法をお知らせします。
    入金をもってお申し込み完了となります。
    当日は振込票をご持参ください。

   *キャンセルされる場合は返金できませんが

    代理の方の参加はできます。

    予め事務局までキャンセル方のお名前と

    代理で参加される方のお名前をメールで

    ご連絡の上、入金票(コピーやデータ可)

    をお持ちください。

 

【スピーカー】

リッケ・ローセングレンhttps://rikkerosengren.com/



森のようちえん・シュタイナー幼児教育施設「こども島ボンサイ」の共同設立者・園長。

長年にわたり教育分野で国際的に活動しており、海外での講演や森のようちえんに関するオンラインコースも行っている。自然の中での保育について記した著書「Child of Nature」はデンマーク語と英語で出版されており、2020 年4 月には日本語版の出版が予定されている。研究分野は幼児教育学、自然教育学、リーダーシップ論。知識・能力を研究する施設「ボンサイ研究所」の所長でもある。
 


【幼稚園紹介】

森のようちえん「Børneøen Bonsai(こども島ボンサイ)」 (http://rs-bonsai.dk/)

コペンハーゲンの少し北にある森のそばにある茅葺き屋根の建物にある私立のルドルフ・シュタイナー保育施設。3歳未満児38名の保育園と、3〜6歳の子ども約100名の幼稚園とで構成されている。ボンサイは「森のようちえん」として1歳から6歳までの子ども全員が、毎日質の高い野外生活を送っており、自然の中での自由遊びと、お遊戯、おとぎ話の語り聞かせ、お絵かき・水彩などの芸術活動と、季節ごとの祝祭の準備が、日々織り交ぜて行われている。
「こども島ボンサイ」は、2000年にリッケとモーテン・ローセングレンによって設立された。「ボンサイ」という名前を選んだのは、それが日本語でよく手入れされた小さな木という意味だからで、盆栽と同じように、小さな子どもには愛情という栄養と、時間、そして発達のための適切な枠組みが必要という意味が込められている。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



▼全国の書店での発売(4月下旬) 前に会場で著作本を消費税ナシで先行販売します。
「Child of Nature(邦題・北欧の森のようちえん)」
https://www.izara.co.jp/edu/ 978-4-7565-0145-5.htm


 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

 

▼リッケ・ローセングレン先生によるセミナーは、の4月4日(土)にも開催されます。

 

デンマーク森のようちえん園長来日セミナー 

〜自然が育む力と都会でもできること〜

 

https://peatix.com/event/1406598/

【開催場所】

聖心女子大学4号館(聖心グローバルプラザ)ブリット記念ホール

所在地:150-8938
東京都渋谷区広尾4-2-24 聖心女子大学4号館/聖心グローバルプラザ
東京メトロ日比谷線広尾駅 4番出口から徒歩1分



会場URL:https://kyosei.u-sacred-heart. ac.jp/access/

posted by ・イザラ書房紹介 | 00:47 | ■推薦イベント | comments(0) | - |
コメント
コメントする












(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.  [トップ・ページへもどる]