イザラ書房
新刊案内

12感覚の環と
 7つの生命プロセス
書籍一覧
発売中のカレンダー
旧サイトへ
ショッピング・カート
カテゴリー
会社情報
最新記事
過去ログ
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


・・・四季の祝祭、魂のかたわらに佇む者、音楽と色彩・・・

社名のIZARAはスペイン、バスク地方の言葉で「星雲」あるいは「銀河」を意味します。

イザラ書房の設立は 1969年に溯ります。

当初は、ブロッホ、アドルノなどのドイツ、フランクフルト学派の哲学書籍等の出版を行なっていました。

1980年代から、オーストリア出身の思想家、ルドルフ・シュタイナー(1861〜1925)が唱道した普遍人智学の翻訳出版を始め、

現在では、出版のほとんどが人智学=アントロポゾフィーに関係するものです。

今後もシュタイナーが訴えたかったテーマを暖かな魂のこもった形で皆様と共有できますことを望んでいます。



<< ■『種まきカレンダー2018』発売 | TOP |
■哲学カフェ

『哲学カフェのテーマと出会える26の本』に参加しています。
https://peraichi.com/landing_pages/view/tetsugakucafebooks

 

現在、一ツ橋大学生協で開催されておりまして、

これから東京大学駒場書籍部でも始まります。

どうぞ、立ち寄ってみてください。

『新版・瞑想と祈りの言葉』

・書名    :新版・瞑想と祈りの言葉
・サブタイトル :
・ジャンル     :哲学・宗教
・著者名   :ルドルフ・シュタイナー著/西川隆範編訳
・ISBN    :978-4-7565-0124-0
・本体価格  :2800円
・刊行年   :2013年
・判型    :四六判
・C コード  :0014
・版元.com書籍リンク:https://kaiin.hanmoto.com/bd/isbn/9784756501240
・「哲学するポイント」カードのテキスト情報

哲学カフェへの扉:瞑想を哲学してみたら?
   メニュー1:“超越”へ向かう瞑想と日常的思考は両立する?
   メニュー2:古来の祈りの言葉が変わらず今もある不思議をどう考える?
   メニュー3:祈ったり瞑想したりしても実生活の利益もなく論理的でもない?


『社会問題としての教育問題』

・書名    :社会問題としての教育問題
・サブタイトル:自由と平等の矛盾を友愛で解く社会・教育論
・ジャンル     :哲学・教育
・著者名   :ルドルフ・シュタイナー著/今井 重孝訳
・ISBN    :978-4-7565-0134-9
・本体価格  :2500円
・刊行年   :2017年
・判型    :四六判
・C コード  :0037
・版元.com書籍リンク:https://kaiin.hanmoto.com/bd/isbn/9784756501349
・「哲学するポイント」カードのテキスト情報

哲学カフェへの扉:社会問題の解決可能性について哲学的に考えてみよう!
   メニュー1:自由と平等を両立させることは可能?不可能?
   メニュー2:競争の経済から友愛の経済への移行は可能?不可能?
   メニュー3:精神の自由、国家領域での平等、経済での友愛は実現可能?


『自由の哲学』

・書名    :自由の哲学
・サブタイトル:
・ジャンル     :哲学・思想
・著者名   :ルドルフ・シュタイナー著/森 章吾訳
・ISBN    :978-4-7565-0135-6
・本体価格  :3000円
・刊行年   :2017年
・判型    :四六判
・C コード  :0010
・版元.com書籍リンク:https://kaiin.hanmoto.com/bd/isbn/9784756501356
・「哲学するポイント」カードのテキスト情報

哲学カフェへの扉:哲学は《私》をどこまで高めるか?
   メニュー1: 観察者は超越者か?
   メニュー2: 思考のウロボロスは何の扉を開くのか?
   メニュー3: 私たちは何につき動かされるのか?


 

posted by ・イザラ書房紹介 | 00:13 | ■推薦イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://izara.jugem.jp/trackback/292
トラックバック


(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.  [トップ・ページへもどる]