イザラ書房
新刊案内

美の朝焼けを通って
書籍一覧
発売中
旧サイトへ
ショッピング・カート
カテゴリー
会社情報
最新記事
過去ログ
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


・・・四季の祝祭、魂のかたわらに佇む者、音楽と色彩・・・

社名のIZARAはスペイン、バスク地方の言葉で「星雲」あるいは「銀河」を意味します。

イザラ書房の設立は 1969年に溯ります。

当初は、ブロッホ、アドルノなどのドイツ、フランクフルト学派の哲学書籍等の出版を行なっていました。

1980年代から、オーストリア出身の思想家、ルドルフ・シュタイナー(1861〜1925)が唱道した普遍人智学の翻訳出版を始め、

現在では、出版のほとんどが人智学=アントロポゾフィーに関係するものです。

今後もシュタイナーが訴えたかったテーマを暖かな魂のこもった形で皆様と共有できますことを望んでいます。



<< ■色の語らい・100人展 | TOP | ■シュタイナー学園カレンダーのこと >>
■ミヒャエル・デーブス氏講演会

オイリュトミー生誕100年を祝おう!

ミヒャエル・デーブス氏講演会

2013年2月15日(金)夜〜16日(土)

魂の暦100周年によせて

「魂の暦」は一週毎の季節の移り変わりと魂の関係を短い言葉で
まとめた箴言集です。 オイリュトミーの生誕と同じく1912年
にシュタイナーは小さな手帳の形で出版しました。
そしてその52週すべてにオイリュトミーのフォルムを描きました。
今回また、オイリュトミーの愛好家でもあるデーブス氏と共に、魂の暦をより良く理解し、体験出来る機会を持つ事ができることになりました。16日には「オイリュトミストの会」有志と愛好者による、オイリュトミーの実演も行なわれます。
1年の4つの祝祭の巡りをすべてオイリュトミーで見ることができるのは、大変貴重な機会です。
多くの方の良き学びと、出会いの場となることを願っています。
(準備会一同 )

<プログラム>
●第1部 2013年2月15日(金)
午後6時半〜8時半(開場 午後6時)
「魂の暦の前提にあるもの〜大天使ミヒャエルからのインパルス」
●第2部 2013年2月16日(土)
午前10時〜午後12時半(開場 午前9時半)
「宇宙的儀式と魂の暦」/オイリュトミー実演
●第3部 2013年2月16日(土)
午後2時〜4時40分(開場 午後1時45分)
「四季の流れとキリストのエーテル的復活」/オイリュトミー実演

ミヒャエル・デーブス氏 略歴:
1943年ドイツ生。シュタイナー学校卒。
テュービンゲンとエアランゲンの大学で数学、物理学、哲学を、キリスト者共同体司祭養成ゼミナールにて神学を学んだ後、1969年司祭就任。
1978年〜2007年ゼミナール教授として司祭の養成にあたり、多くの日本人学生の指導にもあたった。
ドイツ内外でのアントロポゾフィーの識者、講演者としての評価は非常に高く、司祭、神学者としての活動の傍ら、ドルナッハで毎年定期的な講演、講座活動を行い、シュトゥットガルトのアントロポゾフィー協会でも責任のある立場で活動している。
特に魂の暦との関連では、「両半球の時の二重の流れの中における魂の暦」を編纂した。また魂の暦は、彼にとって大切な講演テーマの一つであり、各地で好評を得ている。

☆ドイツ語による講演(通訳: 香川裕子) 
★プログラムは多少変更の可能性あり。

<場所> 国立オリンピック記念青少年総合センター
(小田急線参宮橋駅下車 徒歩約7分)
「センター棟」309号室 
(正門を入って直進し「中央広場」を過ぎて右手奥の建物) 

■小田急線参宮橋駅下車徒歩7分
■地下鉄千代田線代々木公園駅下車歩10分
■京王バス新宿駅西口(16番)より 代々木5丁目下車
渋谷駅西口(14番)より代々木5丁目下車

<参加費>(各部 定員80名、要予約)
●早割(12年12月31日まで) 
各部 3000円 1、2、3部通して参加の場合 8000円
●前売り(13年 1 月31日まで) 
各部 3500円 1、2、3部通して参加の場合 9000円
●当日 
各部 3500円 1、2、3部通して参加の場合 10500円
(出来る限り事前にお振込下さい。また経済的理由により、お支払いが困難な場合はご相談ください。)

<参加申し込み方法>
1、 メールまたは、Fax にて、お名前と連絡先(住所・電話/Fax)、希望の講座番号をお伝えください。
折り返しご連絡致します。
2、郵便振替口座の用紙に、魂の暦参加希望と明記の上、講座番号とお名前・連絡先(住所電話/Fax 番号など)をご記入
ください。当日振替領収書を受付にお持ちください。講座費の払い戻しは基本的に致しませんが、譲渡は可能です。

振込先: ゆうちょ銀行振替口座:00100−2−762735
(口座名称)ルドルフ・シュタイナー芸術アカデミー

<問合せ> ルドルフ・シュタイナー芸術アカデミー内「アウラ」
(T/F)042−329−1729(藤井馨子)
E-Mail:glyzinie@mbn.nifty.com
(Fax)042-571-7888 (渡辺志保)
E-Mail: shiho125@ab.cyberhome.ne.jp

*オイリュトミー実演:
<「魂の暦」祝祭の週とその鏡像の週>
朗唱:根岸初子
午前の部の発表 : 1 週「復活祭の情景」 + 52 週
12 週「ヨハネ祭の情景」 + 41 週
午後の部の発表 : 26 週「ミヒャエルの情景」 + 27 週
38 週「聖夜の情景」 + 15 週
(プログラムは変更される事もあります。)

デーブス氏によるその他の催し
◆ シュタイナー幼児教育協会定例会・公開講演会
「乳幼児の根源的な宗教性としての歩く・話す・考える」
2月9日(土)10〜12時
国立オリンピック記念青少年総合センター
http://www.jaswece.org/
◆ オイリュトミー・シンポジウム
「私たちの生命力をどのように守っていくか」
2013年2月10日(日)・11(月・祝) 9:30〜16:45
国立オリンピック記念青少年総合センター
yukohibara@gmail.com

主催:ルドルフ・シュタイナー芸術アカデミー
後援:オイリュトミストの会、一般社団法人日本シュタイナー幼児教育協会
posted by ・イザラ書房紹介 | 11:42 | ■推薦イベント | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://izara.jugem.jp/trackback/239
トラックバック


(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.  [トップ・ページへもどる]