イザラ書房
新刊案内

自由の哲学
書籍一覧
旧サイトへ
ショッピング・カート
カテゴリー
会社情報
最新記事
過去ログ
カレンダー
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


・・・四季の祝祭、魂のかたわらに佇む者、音楽と色彩・・・

社名のIZARAはスペイン、バスク地方の言葉で「星雲」あるいは「銀河」を意味します。

イザラ書房の設立は 1969年に溯ります。

当初は、ブロッホ、アドルノなどのドイツ、フランクフルト学派の哲学書籍等の出版を行なっていました。

1980年代から、オーストリア出身の思想家、ルドルフ・シュタイナー(1861〜1925)が唱道した普遍人智学の翻訳出版を始め、

現在では、出版のほとんどが人智学=アントロポゾフィーに関係するものです。

今後もシュタイナーが訴えたかったテーマを暖かな魂のこもった形で皆様と共有できますことを望んでいます。



<< ■スイス旅行記4 ゲーテアヌム | TOP | ■シュタイナー建築の建物 >>
■Ashes to Ashes、そして雪
 


今年の灰の水曜日は2月22日。
その日、2011年の枝の主日の棕櫚を燃やし灰にして、庭に撒きました。
口ずさんでいたのは、D・ボウイのAshes to Ashes〜なつかC!って、だれか。

そしてもう弥生朔。3月1日。
昨日は雪が天から舞い降りました。

Starmanが宇宙から向かえに来てくれることを夢見ていた昔
いまはイースターに向けてラテン語のREGINA COELI(レジナ・チェリ)を特訓中です。
喜びに満ちあふれた曲で、歌うたびにじーんと感動しています。
ただ4声が絡み合って掛け合うところで頭をかすめるのが、
Bohemian Rhapsodyのあのハモリ。
フレディーの歌いっぷりを想うと、自分の音程は微妙にはずれてしまいます。
posted by ・イザラ書房紹介 | 17:40 | ◇四季の祝祭 | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://izara.jugem.jp/trackback/194
トラックバック


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.  [トップ・ページへもどる]