イザラ書房
新刊案内

社会問題としての教育問題
書籍一覧
旧サイトへ
ショッピング・カート
カテゴリー
会社情報
最新記事
過去ログ
カレンダー
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


・・・四季の祝祭、魂のかたわらに佇む者、音楽と色彩・・・

社名のIZARAはスペイン、バスク地方の言葉で「星雲」あるいは「銀河」を意味します。

イザラ書房の設立は 1969年に溯ります。

当初は、ブロッホ、アドルノなどのドイツ、フランクフルト学派の哲学書籍等の出版を行なっていました。

1980年代から、オーストリア出身の思想家、ルドルフ・シュタイナー(1861〜1925)が唱道した普遍人智学の翻訳出版を始め、

現在では、出版のほとんどが人智学=アントロポゾフィーに関係するものです。

今後もシュタイナーが訴えたかったテーマを暖かな魂のこもった形で皆様と共有できますことを望んでいます。



<< ■ミカエル・カレッジin東京 | TOP | ■バイオダイナミック >>
■魂のこよみ第40〜42週
 【魂のこよみ第40〜42週の気分】

神々がどこにいるのか。
わたしの心に、そしてあなたの心に。
わたしにとっての神は限りなく親しみやすく懐かしい。
遥か遠い高みから 人間を見下ろしている感じではなく、
(永劫の時を観ていらっしゃるような感はするけれど)
この地上にともに立っていていてくださる。

黙示録にある扉をノックする神のように、
わたしは控え目なその呼びかけをときどき感じる。
でも何かに捕らわれていたり、心が騒がしかったりすると、
そのかすかな沈黙の声に気がつかないでいる。

わたしやあなたを誘惑はしない。何かに駆り立てることもしない。
押しつけがましい魔とは違う。
一切の邪悪な気配が雲散霧消し、
限りなく平安の大気にわたしが入っていくと
ただ穏やかにそこにいらっしゃる、いつも。
わたしは蒼い空と溶け合い、満点の星々が兄弟姉妹となる……
新しき年の真新しい満月の光に照らされて、
そんなイマジネーションの第40〜42週。

***

そしてちょうどいま!(1月10日時点)フィットしているのは
第40週のこよみの言葉です。
まだちょっとずれているかもしれないですが、
やっと、わたしの魂とこのこよみの言葉が
近しく親しいものになってきた感じです。
それは長らく待ち望んでいたことだったのですが、
なかなか難しかったのです。

シュタイナーの魂のこよみ、
第41週(小社刊秦理絵子訳)をここに記します。

*1魂の 創造する 力が  心の底から 湧きいで
       人の 営みの中の 神々の力を
*2燃え立たせて 正しく 作用させる。
*3その力は 人の 愛と活動の中に
*4みずからを 形づくっていく。

(以下私見です)
*1→魂の創造する力〜能動的に。隷属的ではなく。
           自由の香り、そしてそれは無上の喜びの波動を湧き起こさせ、
           魂をふるわせる。
*2→正しく作用させてくれる冥助としての存在者に感謝します。
*3→友人たちや共同体としての家族、ファミリーとの愛と活動の中に。
*4→わたしがやがて本当のわたし、本来のわたしになるということ。
posted by ・イザラ書房紹介 | 21:46 | ◇魂のこよみ | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://izara.jugem.jp/trackback/180
トラックバック


(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.  [トップ・ページへもどる]