イザラ書房
新刊案内

北欧の
森のようちえん
書籍一覧
発売中
旧サイトへ
ショッピング・カート
カテゴリー
会社情報
最新記事
過去ログ
カレンダー
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
MOBILE
qrcode
OTHERS
Search this site


・・・四季の祝祭、魂のかたわらに佇む者、音楽と色彩・・・

社名のIZARAはスペイン、バスク地方の言葉で「星雲」あるいは「銀河」を意味します。

イザラ書房の設立は 1969年に溯ります。

当初は、ブロッホ、アドルノなどのドイツ、フランクフルト学派の哲学書籍等の出版を行なっていました。

1980年代から、オーストリア出身の思想家、ルドルフ・シュタイナー(1861〜1925)が唱道した普遍人智学の翻訳出版を始め、

現在では、出版のほとんどが人智学=アントロポゾフィーに関係するものです。

今後もシュタイナーが訴えたかったテーマを暖かな魂のこもった形で皆様と共有できますことを望んでいます。



■日本教育新聞に書評を掲載していただきました。


 イザラ書房を引き受けた時に、シュタイナーのジャンルは多岐に渡るので、まずは自分が興味があるジャンルからと思い、芸術、医療、農業・・と考えていて、教育の分野は苦手意識がありました。
 ですが最近は「教育は予防医学」というシュタイナーの考え方がしっくり来るようになりました。きっかけは『社会問題としての教育問題』 を今井重孝先生と一緒につくり上げたことかなぁ。
 自分が生徒だった時、残念ながらナイスな教師には出会えませんでした。(それは私が見る目がなかったのかもしれませんが)
 ですが、こうして社会人となって本を創る仕事について、だんだんと素敵な先生方に出会うようになってきて嬉しいです。
 教育は大事だなぁとつくづく思います。そう思えるような人たちに出会えたのはイザラ書房をやっているお陰だと痛感します。感謝ですね〜

posted by ・イザラ書房紹介 | 16:44 | ■エッセイ・お知らせ | comments(0) | - |
■読者の方からの嬉しいメールをシェアします。

読者の方から素敵なメールが届きました。

ご本人の了解を得て、ここにご紹介させていただきます。

励みになります。

ありがとうございます。

 

・・・・H・Aさんから・・・・

 

本を受け取りました。

素敵な本を発刊してくださり嬉しくおります。多くの方に手にとって欲しいです。

 

感想を書かずにはいられず、まだ最後まで拝読していませんが、メールをさせていただきます。

私はシュタイナー教育に携わっていた時期もあり、子育ての中盤の中、今は大学にて教育学科に復学中でいます。

卒論に向けて、真の教育ってなんだろうと日々模索しながらいます。

正解なんてないし。

でも今、多くの方が子育てで悩み、子どものためと思ってしている事が裏目にたくさんでている現実を目にしています。

この本によって、多くの方の意識や子どもたちの健やかな成長につながるものになると良いなと思います。

今、私たちにおこっているコロナのことにしても、沢山のメッセージがこの文の中にあるようにも感じています。

最後まで読むのが楽しみです。

素敵な写真と共にかみしめ、癒されながら拝読したいとおもいます。

 

ありがとうございました。

シュタイナー教育、人智学は深く、それを知る事が出来た事に感謝します。

posted by ・イザラ書房紹介 | 18:49 | ■新刊・増刷・おすすめ | comments(0) | - |
■北欧の森のようちえん 割引キャンペーン

5月6日までコロナ渦の緊急事態宣言をうけて

新刊刊行記念の特別割引キャンペーンを行いたいと思います。

 

【イザラ書房のショッピングカートから申し込んだ方】に
下記のような割引を提供します。

 

・2割引き
・消費税ナシ
・送料無料

 

つまり税込み 2970円 → 税ナシ2160円 になります。
810円のディスカウントです。

こうしたキャンペーンは、初めてなのですが、著者のリッケ園長の講演会を楽しみにしていた下さった方々もいらっしゃったはずなので、せめてもの・・・という気持ちです。

 

下記はジュンク堂池袋店でパネル展示の様子です。

 

 

 

 

下記イザラHPからショッピングカートに行けます。
https://www.izara.co.jp/edu/978-4-7565-0145-5.htm

また、ためし読みもできるようにしました。
https://hanmoto8.tameshiyo.me/9784756501455…

ご自宅で、少しでも気持ちのよい風が皆さまの心の中に吹きますようにと願って。

posted by ・イザラ書房紹介 | 11:31 | ■新刊・増刷・おすすめ | comments(0) | - |
■『種まきカレンダー2020』販売開始

お待たせいたしました。

『種まきカレンダー2020』販売開始します。

イザラ書房のショッピングカート(本日から)

アマゾン等ネット書店

全国の書店(4月7日以降)でお求めになれます。

書店でご注文の際にはイザラ書房刊の『種まきカレンダー2020』と書名をお伝えください。

皆さまのお手元に届きますように!
posted by ・イザラ書房紹介 | 17:17 | ◇種まきカレンダー | comments(0) | - |
■ルドルフ・シュタイナーさんのポスター

 

先日、ワタリウム美術館に伺った際に目に入った

ワタリウム美術館での初回ルドルフ・シュタイナー展でのポスター。

このようなシュタイナーさんの写真を見るのは初めてで、ちょっとドキドキしてしまいました。

残り1枚、2000円だそうです。

 

私が伺ったのは2月16日でした。

まだ残ってるのかしら?

posted by ・イザラ書房紹介 | 20:46 | ■エッセイ・お知らせ | comments(0) | - |
■谷口広樹画伯のアマビエ

 

 

『美の朝焼けを通って』の表紙画と装丁をお願いした谷口広樹画伯の個展が

神宮のギャラリーハウスMAYAで(〜3/28)開催されています。

 

いつもイザラのデザインを担当してもらっている赤羽さんと一緒に伺い、

会場でアマビヱのお札をいただきました。

コロナ騒動の中、江戸時代後期に出現したアマビヱという幻獣を

谷口先生が護符のようにデザインして、

来場者の方々にプレゼントして下さっているのでした。

 

早速、我が家の玄関に、同じくご利益がありそうな庭の桃の花と一緒に!!

皆さまも、楽しいことをして、沢山笑って、免疫を高め
「ぎゅうぎゅう、むんむん、がやがや」の3条件を避け
手洗い、うがいで乗り切りましょうね。
posted by ・イザラ書房紹介 | 16:41 | ■エッセイ・お知らせ | comments(0) | - |
■紀伊国屋書店3Fとブッククラブ回

『植物と語る 公然の秘密の扉 ーゲーテとシュタイナーに学ぶ観察法ー』が書店さんに!!

 

置いて下さっているすべての書店さんに伺いたいくらいの気分なのですが、

4月に出る新刊の最終校正の打ち合わせを都内で行ったので、

近くの寄れる書店さんに寄ってきました。

実際にイザラの本が並んでいるのが見れるのは嬉しいです。

 

新宿紀伊国屋書店3F 人文書売り場で

 

ブッククラブ回で

 

 

 

posted by ・イザラ書房紹介 | 05:16 | ■新刊・増刷・おすすめ | comments(0) | - |
リッケ・ローセングレン講演会【10/9へ延期のお知らせ】

 

北欧の森のようちえん

自然が子どもを育む

〜デンマーク・シュタイナー幼稚園の実践〜 

 

リッケ・ローセングレン講演会【10/9へ延期のお知らせ】

 

4月3日(金)に予定しておりました講演会は新型コロナウィルスの問題を考えて、

10月9日(金)延期になりました。

会場ほか、は変更ありません。

 

 

新刊の『北欧の森のようちえん』は予定どおりに4月刊行です。

 

https://www.izara.co.jp/edu/978-4-7565-0145-5.htm

 

よろしくお願いいたします。

 

posted by ・イザラ書房紹介 | 17:00 | ■推薦イベント | comments(0) | - |
■北欧の森のようちえん 園長リッケ・ローセングレン講演会【10/9へ延期のお知らせ】

 

北欧の森のようちえん

自然が子どもを育む

〜デンマーク・シュタイナー幼稚園の実践〜 

 

リッケ・ローセングレン講演会【10/9へ延期のお知らせ】

 

デンマークでシュタイナー幼児教育を長く実践しているリッケ・ローセングレン先生の著作が日本語に翻訳されてイザラ書房より出版されることになりました。

ボンサイ幼稚園では、子どもたちは1日のほとんどを森の中で過ごしており、シュタイナー教育と森のようちえんの理念を共に生かして保育されています。

その中で、先生ご自身が子どもたちの成長を支える自然の力の重要性に気づかれ、この本にまとめられています。

きっと今の日本の子どもたちの生活にも生かせる多くの学びができることと思います。

日本の子どもたちと日々共にいる保育者や教師、そしてお母さんお父さんたちにぜひ聞いていただきたい講演会です。
皆さんのご参加をお待ちしております。

全国の書店での発売(4月下旬)前に会場で著作本を消費税ナシで先行販売します。


内容 :季節のめぐりと子どもの成長
日時 :2020年10月9日(金)開場18:00 

             講演18:30〜20:30
場所 :国立オリンピック記念青少年総合センター
    (センター棟403号室)
参加費:一般3,500円、会員3,000円
   (会員:日本シュタイナー幼児教育協会員
      :森のようちえん全国ネットワーク会員)

主催 :日本シュタイナー幼児教育協会
共催 :株式会社イザラ書房
後援 :デンマーク大使館
   :森のようちえん全国ネットワーク連盟

申込先:日本シュタイナー幼児教育協会事務局
    e-mail: jaswece.jimu@gmail.com
    までお申込ください。
    お名前、会員・一般(会員の場合所属園)

    参加費、緊急連絡先をご明記ください。

   *お申し込み後、入金方法をお知らせします。
    入金をもってお申し込み完了となります。
    当日は振込票をご持参ください。

   *キャンセルされる場合は返金できませんが

    代理の方の参加はできます。

    予め事務局までキャンセル方のお名前と

    代理で参加される方のお名前をメールで

    ご連絡の上、入金票(コピーやデータ可)

    をお持ちください。

 

【スピーカー】

リッケ・ローセングレンhttps://rikkerosengren.com/



森のようちえん・シュタイナー幼児教育施設「こども島ボンサイ」の共同設立者・園長。

長年にわたり教育分野で国際的に活動しており、海外での講演や森のようちえんに関するオンラインコースも行っている。自然の中での保育について記した著書「Child of Nature」はデンマーク語と英語で出版されており、2020 年4 月には日本語版の出版が予定されている。研究分野は幼児教育学、自然教育学、リーダーシップ論。知識・能力を研究する施設「ボンサイ研究所」の所長でもある。
 


【幼稚園紹介】

森のようちえん「Børneøen Bonsai(こども島ボンサイ)」 (http://rs-bonsai.dk/)

コペンハーゲンの少し北にある森のそばにある茅葺き屋根の建物にある私立のルドルフ・シュタイナー保育施設。3歳未満児38名の保育園と、3〜6歳の子ども約100名の幼稚園とで構成されている。ボンサイは「森のようちえん」として1歳から6歳までの子ども全員が、毎日質の高い野外生活を送っており、自然の中での自由遊びと、お遊戯、おとぎ話の語り聞かせ、お絵かき・水彩などの芸術活動と、季節ごとの祝祭の準備が、日々織り交ぜて行われている。
「こども島ボンサイ」は、2000年にリッケとモーテン・ローセングレンによって設立された。「ボンサイ」という名前を選んだのは、それが日本語でよく手入れされた小さな木という意味だからで、盆栽と同じように、小さな子どもには愛情という栄養と、時間、そして発達のための適切な枠組みが必要という意味が込められている。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



▼全国の書店での発売(4月下旬) 前に会場で著作本を消費税ナシで先行販売します。
「Child of Nature(邦題・北欧の森のようちえん)」
https://www.izara.co.jp/edu/ 978-4-7565-0145-5.htm


 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

 

▼リッケ・ローセングレン先生によるセミナーは、の10月10日(土)にも開催されます。

 

デンマーク森のようちえん園長来日セミナー 

〜自然が育む力と都会でもできること〜

 

https://peatix.com/event/1406598/

【開催場所】

聖心女子大学4号館(聖心グローバルプラザ)ブリット記念ホール

所在地:150-8938
東京都渋谷区広尾4-2-24 聖心女子大学4号館/聖心グローバルプラザ
東京メトロ日比谷線広尾駅 4番出口から徒歩1分



会場URL:https://kyosei.u-sacred-heart. ac.jp/access/

posted by ・イザラ書房紹介 | 00:47 | ■推薦イベント | comments(0) | - |
■『植物と語る 公然の秘密の扉』出来ました!

 

写真の説明はありません。

写真の説明はありません。

吉澤明子先生と一緒に2年かけて創り上げた植物観察の本が出来上がって、

今、届きました。
何だか、感無量です。
那須にいらっしゃって超多忙な吉澤先生とスケジュールを組んで、

何度も何度もSkypeで原稿を推敲したこと。
デザイナーの赤羽さんと、それはモー大変な作業を綱渡りのように行ったこと。
急遽、3人の集まれる真ん中の場所のウィメンズプラザで集まったりして、

不思議に超多忙であるにもかかわらず、ピンポイントで集まれる時間が降って来て、

ギリギリセーフって感じが何度もあって、本当に本当にハラハラしながら、

何とか無事に綱を渡り切ったという感じです。

著者さんの語り口で、声が聞こえてきそうな本です。
そこは、一番大事にした部分です。
吉澤先生の言葉でと。


読んで下さった方から「吉澤先生の話している姿が目に浮かぶ」

と言っていただけたことが、嬉しいです。

 

編集者と、デザイナーさん、印刷所の担当者さん、

プライベートで手伝ってくれる技術者さんの、このチームは本当にステキ。
出版業界にたずさわって日の浅い私がこうして本をつくることができるのは、

そうした方々がいてくれるからだと、つくづく思います。
もちろん、魅力的な著者さんがいてこそですが(^ ^)


これからもイザラ書房をどうぞよろしくお願いします。

posted by ・イザラ書房紹介 | 16:33 | ■新刊・増刷・おすすめ | comments(0) | - |


1/29PAGES >>
(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.  [トップ・ページへもどる]